読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free Soul DECADE STANDARD

こんにちは。矢野です。

タイトルをご覧になられて「フリーソウル?懐かしいな!」という方は90年代に恐らく同じような音楽を聴いておられた方ではないでしょうか?

私も90年代、一番多感な時期にこの伝説的とも言えるコンピレーションアルバムに出合い音楽が好きになった一人です。

時に高校生だった矢野はミニーリパートンもマーヴィンゲイもアレサフランクリンも当然知らず、ダニーハザウェイだって誰だ?というレベルでございました。

山下達郎氏にいたってはクリスマスの人だと思っておりました。そんな私が一気に音楽に引き込まれたのがこの「Free Soul」シリーズ。

すべての監修をされているのが選曲家・DJの橋本徹氏(SUBURBIA)です。私は氏のイベントにもお邪魔し、それこそライナーノーツも教科書のように読んでおりました。

f:id:hynm_yano:20141013225047j:plain

 ↑矢野のコレクションの一部(よく見ると割れた部分をテープで補強とかしてるのはご愛嬌)いや、本当に好きなんです。

そんな「Free Soul」がですね、今年20周年を迎えるということで昨日もお伝えいたしましたバーニーズ ニューヨーク銀座店10周年とコラボレートをさせていただきました。

実は今回の数多くの限定アイテムの中でも少し異色ではあるのですが、極めてバーニーズ ニューヨークらしいユーモアのあるアイテムになったのではないか?と個人的には思っております。

f:id:hynm_yano:20141013231700j:plain

Free Soul DECADE STANDARD

こちらTOWER RECORD様との企画商品で、バーニーズ ニューヨーク銀座店とタワーレコード各店でのみの限定商品です。(タワーレコードのSさんには本当に無理ばかり言いました。でも最高のCD出来ました。(涙))※ちなみにこのジャケットは通常版と異なるバーニーズ ニューヨークのみのスリーブ仕様になります。希少ですよ!!生産数が少ないのでこれは本当にお早目に!!

 

Free Soulを聞かれたことがある方はライナー内での「Free Talk About Free Soul」という橋本氏による解説もご存じかと思いますが、これがまた楽しいんですね。「いなたい」という表現は恐らくここで覚えたんじゃないかな。(笑)

そして私の中では雲上の橋本徹氏と先日、初めてお話をさせていただきました。

今回のCDが生まれるまでの経緯とコンセプトなどについてはぜひこちらの特集もご覧になってください。

BARNEYS NEW YORK - CULTURE - MUSIC: Free Soul Decade Standard

そして銀座店ではTOWER RECORDさんの協力をいただいてこんな視聴コーナーも。

f:id:hynm_yano:20141008152112j:plain

 

f:id:hynm_yano:20141008152122j:plain

 

f:id:hynm_yano:20141008152117j:plain

というわけで是非みなさまも聴いてみてくださいね!!

この橋本徹さんが10月18日(土)15時~銀座店にてDJをされます!!サラっと書きましたが(笑)またこの話は次回書きます。お楽しみに!!